早漏治療を考えている男性におすすめしたいのがプリリジーというお薬です。日本でも処方薬として扱われていますが、通販サイトを利用することでさらに安価に購入することが可能となっています。

カプセル薬
  • ホーム
  • プリリジーの効果とメカニズム

プリリジーの効果とメカニズム

プリリジーはダポキセチンを有効成分にした早漏治療薬で、現在ではヨーロッパを中心にした60ヶ国で認可され処方されている医薬品です。
ダポキセチンはうつ症状を回復するために開発された成分で、分類的にはSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)とされますが、射精時間が長くなったという報告を受け、早漏に有効だと発見されました。

ダポキセチンはセロトニントランスポーターに作用してフタのような役割を示すことで、神経伝達物質のセロトニンが再取り込みされるのを阻害し、脳内でのセロトニン量を増やしてうつ症状を緩和する作用があります。
この作用が早漏にどう関与するのかは、射精のメカニズムと合わせて考えると理解しやすくなります。
男性器の勃起と射精は自律神経の交感神経と副交感神経が密接に関与しており、勃起のが起こる場合は副交感神経が働き、射精をする際は交感神経が働くようになっています。
副交感神経が働くと、男性器の血管が拡張され血流を増進させることで、勃起ができるようになりますが、この時点では射精までは至りません。
交感神経が働く時は、不安や恐怖などの興奮を司る神経伝達物質であるノルアドレナリンが分泌され、射精を促すようになっています。

つまり、ノルアドレナリンが射精へのスイッチとなっており、早漏の人はこの物質が大量に分泌されていると言われています。
セロトニンはノルアドレナリンを抑制する働きがあるので、プリリジーを飲んでセロトニン量を増やすことで、ノルアドレナリンの働きを抑え、興奮が静まることで射精へのスイッチがなかなか入らずに早漏から改善されると言われています。
プリリジーの効果は複数回の臨床試験によっても確認され、射精までの時間が3~4倍は長くなることが認められています。

関連記事